会社設立時に助成金を利用するには - 問題回避!会社設立の注意点

会社設立時に助成金を利用するには
問題回避!会社設立の注意点 > 会社設立時に助成金を利用するには

会社設立時に助成金を利用するには

会社設立時は資金にお金が必要になります。
一般的には投資会社からの出資や金融機関の融資方法もありますが、身近で活用しやすい制度の助成金・補助金を活用したいものです。
助成金・補助金の注意点として、制度が十分に活用されるかまた申請や審査が必要で受給できるかといった点です。

助成金と補助金の違いは難しいですが、1つは受給の難易度です。
助成金は要件が合えば受給できる可能性が高く、また助成金は上限が確定している場合が多く、申請しても受給できないことがあります。
もう1つは申請期間の違いです。
助成金は随時もしくは、長期間の申請期間が設けられていますが、補助金は申請期間が短く、1ヶ月程度しかない場合もあります。

助成金・補助金が活用できる制度には経済産業省系の補助金・厚生労働省系の助成金・自治体独自の助成金や補助金・その他の助成金や補助金があげられます。
助成金・補助金は返済義務がある融資に対し、返済しなくて良いというメリットがありますが、メリットが大きい助成金・補助金は応募が殺到してしまいます。
助成金や補助金をもらうために会社設立をするのではなく、計画をしっかり立て受給する価値が十分あると思われるように事業を作っていくことが大事になってきます。

助成金・補助金の申請には、数多くの書類を用意しなければいけないことがあり、時間と労力がかかります。
時には、司法書士に一部の書類の作成を依頼や相談する場合もあり、コストがかかることもあります。
補助金の採択は約束されたものではないので、頭に入れておく必要があります。

政府系のものは税金が財源になっているので、複数の補助金や助成金を受けられない可能性が高いです。
これだけ助成金・補助金があれば、自己資金を貯めなくても良いのではと思いがちですが、あくまでも助成金・補助金は足りない分を補う制度です。
ある程度、自分で用意しておく必要があります。
受給できるまで時間と労力はかかりますが、活用したい制度です。