会社設立時の手続きを進めるには - 問題回避!会社設立の注意点

会社設立時の手続きを進めるには
問題回避!会社設立の注意点 > 会社設立時の手続きを進めるには

会社設立時の手続きを進めるには

会社設立時の手続は、どのように始めたらよいのか、注意点はなにかを把握しておく必要があります。
注意点を把握しないまま定款認証を受け登記してしまうと簡単には書類の修正ができなくなってしまうからです。
認証手数料や登録免許税を改めて支払わなければならなくなり、変更手続きには簡単にできるものではなくお金も時間もかかってしまいます。

会社設立には株式会社の基本事項を決める必要があります。
商号・本店所在地・役員構成・事業目的・事業年度・資本金・出資者・株式譲渡制限の有無を決めていきます。

必要書類や届け出など様々な手続きあり、事前に準備しておく必要があります。
取締役に就任される方全員または発起人となる方の個人実印の印鑑証明書が必要となります。
注意点は有効期限が発効後3ヶ月以内と定められています。
印鑑登録をしていない場合は、印鑑登録をしてから証明書の発行になります。

商号が決まると類似商号の調査が必要になります。
商号が類似していないか、同一住所にないか調査します。
本店所在地の管轄する法務局で商号調査簿を閲覧し調査を行います。
端末で簡単に調査できることもあります。

登記を行う際に提出する申請書と押印する会社の法人実印の作成が必要になります。
登記申請時に届け出もしなくてはいけません。
類似商号が済み次第準備が必要です。

事業目的が登記可能か登記申請をする前に調査が必要です。
管轄する法務局で確認します。
また、許認可等を受けるために必要な書類も確認しておくべきです。

事業目的等が記載された定款は必ず記載しなければならない絶対的記載事項があるので漏れがないようにします。
会社設立時の定款は公証人の承認が必要です。
就任承諾書の作成には、代表取締役・取締役・監査役に就任予定の方に就任の意思があるか確認する必要があり、設立登記申請時の提出が必要になります。

設立登記が完了後、登記事項証明書・印鑑証明書を取得しそれぞれの公的機関にとどけでなければなりません。
税務関係の届け出も行わなければならないので、専門家に相談しておいた方がよいでしょう。