会社設立時の資金調達法について - 問題回避!会社設立の注意点

会社設立時の資金調達法について
問題回避!会社設立の注意点 > 会社設立時の資金調達法について

会社設立時の資金調達法について

会社設立時にはお金が必要です。
自己資金だけでは賄えない場合、資金を調達しなければいけません。
資金調達が必要になりますが、注意点もいくつかあります。
会社設立時の資金調達にはどのような手段があり、どのようなことに注意するべきか知っておく必要があります。

民間の金融機関では取り扱いが難しい会社設立時の融資に対し、積極的に支援を行ってくれる政府系金融機関では、新創業融資制度があり、創業時において自己資金が創業資金総額の3分の1以上あることや、いくつか要件をみたしていれば無担保・無保証で1000万円まで融資の申し込みができます。
その他にも、融資制度がありますので、利用を検討してみるのもよいでしょう。

公的機関に保証人になって頂く、民間の金融機関から融資を受ける信用保証付きの融資制度があります。
貸し倒れのリスクを公的機関が背負うので、実績のない創業者が金融機関から融資を受けることができます。
地域ごとに創業者向け融資制度を設けていますので、独自の融資制度を設けている治自体も多くあります。

民間の金融機関から融資を受ける場合、ビジネスローンなどがありますが、金利が10%前後で高いのでよほどのことがない限り、避けるべきです。

親族や知人から借り入れるという資金調達方法もありますが、注意が必要です。
資金を調達できるほどの信頼があるか、裕福な家庭かによって借入れできるか変わってきます。
もし、借入れできる場合は贈与とみなされない為に、金銭消費貸借契約書を作成し、契約内容や利息等を明記し、返済には銀行口座などを通し証拠が残るようにする必要があります。

会社設立時には資金調達を考える場合、政府系金融機関や公的機関の公的融資を受けることが望ましいといえます。
融資を受ける場合は、事業計画により資金繰りについて理解が必要です。
そのためには、税務・会計の知識が必要になってきます。
自信がない場合は、融資の知識を有する専門家に相談することも必要になります。